マレーシア・サンウェイ子会社が上場予定

マレーシア証券取引所(BURSA)上場のサンウェイSunway Bhd(SWB)では
マレーシアの国際貿易省に子会社の建設部門Sunway Construction 
Group Bhd(SCG)に関する上場の許可を得たことを発表しています。

報告書によれば新規株式公開(IPO)では、少なくとも1億5519万株の
発行と売却を行うとしています。
アナリストの予測では、SCG株式の価値はおよそRM14億~16億リンギに
なると見込んでいます。

2015年半ばの上場予定でおよそ2億USドルの調達を目指します。
上場で得た資金は親会社への資金となる予定です。

サンウェイ社(SWB)は不動産開発大手企業で建設事業も手掛けています。
住宅不動産、商業不動産、ホテルなどを展開していてテーマパーク、
旅行、タイムシェアビジネスなどを展開します。
建材部門や石切り採石部門もあります。
2013年度の同社の業績は売上で47億2100万リンギ
純利益では14億9000万リンギとなっていて、増収増益となっています。

同子会社が上場することは、SCG社の上場計画でマレーシアの
大手建設会社の一つとして成長可能性を増加させると期待されています。