セントラル・グループのオンライン戦略に関して

セントラルグループの傘下のCOL Plcでは、オンラインショッピング
サービスを展開しています。
今後5年間で10億バーツを投じて事業の拡大、開発を進めます。
地場のポータルサイトの買収なども進めます。
同社オンライン事業はセントラルグループ全体1500億~1600億バーツ
の0.5%しかなく、2020年までに売上シェア比率10%を目指します。
15年現在5万点の商品をそろえていて、15年度末までに15万品目
まで増やす計画です。

COL社のCEOであるWorawut Ounjai氏は15年度の売上目標を
8億バーツと設定。
2020年までに100億バーツを目指します。
そのためウェブサイト系、物流系の事業者との提携や買収を
進めます。
タイを含めたオンライン市場はまだ成長途上であり、先進国などと
比較してもまだまだ伸びる見込みです。

タイ国内のプレイヤーとしてLazada, C Discount, Shop@7,
Tescoなどがあるとしています。
将来的に合従連衡が起こると見ていて、さらに大きなサイズへの
成長が起こると予測しています。