アメリカの石油ガス大手エクソン・モービル、インドでサポートセンターを設立

アメリカの石油ガス大手エクソン・モービルでは、
ビジネスサポートセンターをインド国内のバンガロールへ設立したと
発表しています。
正式な投資額は発表されませんでしたが、5億ドル以上を投じた
可能性があるとし、技術・ビジネスサポートを世界的に展開すると
しています。

同社は国際石油資本であり、スーパーメジャーと呼ばれる6社の
内の一社です。
タイ国内ではESSO Thailand(ESSO)としてタイ証券取引所(SET)
に上場しています。
同社はタイ国内で精製、小売り販売まで幅広く展開していて、
タイ国内に500以上のESSOブランドでガソリンスタンドを
保有しています。
ガソリン、ガソホール、航空燃料、海運燃料、LPG燃料、
石油化学品などをMobilブランドで販売しています。

旧社名はEsso Standard Thailand Coで1996年にEsso
(Thailand) Publicと社名変更しました。
2014年度の業績は売上で2181億8700万バーツ、
純利益ではマイナスの103億4600万バーツと大幅な赤字でした。
営業コストが大きく増加したためとしています。