インドネシア上場企業ニッポン・インドサリ・コーピンドが配当を決定

インドネシア証券取引所(IDX)の上場企業
PT Nippon Indosari Corpindo
ニッポン・インドサリ・コーピンド(ROTI)では、
2014年度の売上1兆8802億ルピア、
純利益1885億ルピアであったと発表しています。
配当として270億ルピアを支払うと発表しました。

同社は敷島パンの出資する製パン企業で、
“Sari Roti”サリロティのブランドで展開しています。
1995年に設立され、インドネシア全国へ向けて白パン、製パン、
カップケーキなどを製造販売しています。

また、インドネシアの複合財閥サリム·グループのメンバーで、
PT Indoritel Makmur International Tbkが31・5%、
Bonlight Investments Ltd 26.5%などが保有しています。
敷島製パン:Pasco Shikishima Corporationが8.5%所有しています。