インドネシアの上場企業でガス精製企業のスリヤ・エサ・ペルカサ、LPG価格の下落の中でも収益上げる

インドネシアの上場企業でガス精製企業のスリヤ・エサ・ペルカサ
Surya Esa Perkasa(ESSA)では南スマトラのパレンバン地区での
最新工場の生産能力拡大で、LPG価格の下落の中でも収益を出したと
しています。
2014年度の業績は売上で3993万USドルで、
純利益では1079万USドルでした。

同社は液化天然ガスの精製、生産などを手掛けていて、
インドネシアで家庭向け調理ガス、商業施設向け、ホテル向け、
自動車向け燃料などを提供しています。
2006年にジャカルタを本社としています。

同社はLPGを19,000トン、コンデンセートが49,000バレルを
第1四半期で生産しています。
第1四半期では売上で1080万USドルで、
純利益では270万USドルでした。

世界の原油価格の下落によってLPGの価格も影響を
受けました。
14年第1四半期では880ドル/立方トンだった価格が15年
第1四半期では420ドル/立方トンまで下がりました。
しかし、原油価格が回復してきていて、今後の四半期で目標に
到達する可能性が高いとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。