タイのメジャーシネプレックス社と韓国企業が合弁で映画の開発を進める計画

映画館運営最大手のメジャー・シネプレックスMajor Cineplex Group
(MAJOR)では、韓国の娯楽大手企業のCJ E&M Corporation社と合弁事業
を進めることを発表しています。
映画共同制作、東南アジア地区内の共同開発を進めるとしています。
新会社では共同で映画を制作して、まずはタイ国内にて上映を2016年度
半ばより開始するとしています。

CJ E&M社からの最新の技術と4DXなどの映画技術を導入することで、
タイの映画撮影、映画事業への向上を目指すとしています。
韓国では既に映画産業が成熟化していることから次の市場はASEANでの
展開を捉えていて、タイの同社との提携になったとしています。

MAJOR社はタイの映画館経営最大手でタイの国内最大の映画館数を
展開しています。
また、ボーリング場経営、カラオケ事業なども併せて運営。
メジャーシネプレクッスはタイ全国の映画館の80%シェアを占めていて、
同企業の売上がタイ映画業界の物差しとなります。

映画館ブランドではMajor Cineplex, EGV Cinema,
Paragon Cineplex, Esplanade Cineplex, Paradise Cinneplex,
Mega Cineplex, Hatyai Cineplexなどを展開しています。

2014年度の業績は売上で86億2290万バーツ、
純利益では10億8600万バーツでした。
13年末時点で 68カ所の映画館を展開し、479スクリーン数、
およそ114,750席を展開する映画館大手企業です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。