インドネシアのセメント会社の大手企業のインドセメント・ツンガル・プラカサ、企業解説

インドネシアのセメント会社の大手企業、インドセメント・ツンガル・
プラカサIndocement Tunggal Prakarsa(INTP)では、
2014年度の業績は売上で19兆9962億ルピア、
純利益では5兆2708億ルピアでした。
配当の割合と金額を発表しています。
2015年5月の株主総会にて4兆9600億ルピアを配当とし、
1株当たり1350ルピアとしています。

代表取締役のChristian Kartawijaya氏は15年度の
第1四半期では純利益がわずかに落ち込んだとしていて、
セメント需要の落ち込みが原因としています。
15年後半にはインドネシア政府のインフラプロジェクトで
回復する見通しを出しています。

第1四半期では売上で4.32兆ルピア、
純利益では1兆1458億ルピアでした。
政府のインフラ政策は同社に多少の影響は与えるものの、
同社ではコストなどの削減を進めるとしています。

同社はセメント製造、セメント販売の2位企業で”Tiga Roda”
ブランドのセメントを販売しています。
同社は親会社がBirchwood Omnia Limitedになります。

インドネシアのセメント最大手はセメン・インドネシア
Semen Indonesia(SMGR)で同社の2014年度の業績は売上で
26兆9870億ルピア、純利益では5兆5658億ルピアとなります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。