タイ国内の広告事業費、15年5月分では121億バーツ

タイ国内の広告事業費が15年5月分では121億バーツで、
前年比27%増と増加しています。
デジタルTV放送が開始されその部分が伸びているとしています。
メディア・広告調査企業のニールセンタイランドが発表しました。

デジタルTVを行う21社の広告費合計は34億6000万バーツで、
総広告費の中の28%を占めているとしています。
デジタルTV広告は一気に広告媒体の第2位になったとしていて、
第1位のアナログTV(6チャンネル合計)の広告が41%、
50億バーツで第3位は新聞となり、およそ10億バーツ、
前年同期比マイナス2.2%減で8%のシェア。

2015年1月~5月までの広告費は571億バーツで
(前年同期比+26%)となっています。
アナログTVチャンネルの金額が最も大きく244億バーツ、
市場シェアは42%でした。