タイの通信大手トゥルーの子会社トゥルーオンラインは330億バーツ

タイの通信大手トゥルー(TRUE)の子会社トゥルーオンライン
True Onlineでは、330億バーツを2年間で投じて1000万世帯へ
向けて光ファイバー通信を整備すると発表しています。

同社はタイ国内で最大の家庭向けブロードバンド施設企業で、
タイ電話公社(TOT)とほぼ同規模の家庭内向け、企業向けの
固定回線を提供して来ました。
ライバルとなるのは既にサービス提供を15年度上半期から
開始しているAISファイバー社になります。

投資額はブロードバンド設備への投資を助けると共に2016年度
までに2200万世帯のうち1000万世帯向けて同社のサービスを
拡大できるレベルへの投資で、同社の光ファイバーは最大1秒
10ギガバイトのスピードとなります。

タイ国内の固定回線ブロードバンド市場普及率は総人口の40%まで
上昇しています。
2014年度末時点でおよそ600万世帯が固定ブロードバンドを
利用しています。
トゥルーオンライン社では15年度は新規に30万世帯の契約を
取れると予測しています。
総計で240万回線の契約になる見通しです。

新規の光ファイバーサービスの名称は”True Super Speed Fibre”で、
月額 30メガバイトで799バーツとしています。