タイ証券取引所2部上場のエボリューション・キャピタルのホテル事業での影響

タイ証券取引所(SET)のMAI上場のエボリューション・キャピタル
Evolution Capital(E)では、協力会社のフィコ・コーポレーションが
不動産・ホテル開発を行います。

同社では2015年度の見通しをエラワン廟爆弾事件の後に前年比5%の
成長は困難になったと下方修正しています。
フィコ社の2014年度の業績は売上で75億バーツ、
30億バーツ分は不動産事業収益でした。
14億バーツはホテル事業からでした。
9つのホテルを運営していて、1つはサムイ島、8つはHotel Muse,
The Eugenia Bangkok, Novotel Silom, Novotel Ploenchit,
Holiday Inn Bangkok Sukhumvitなどになります。

エボリューション・キャピタルはThe Coffee Bean & Tea Leaf
ブランド、RED PLANET HOTELS(RPHL)ホテルブランド、
DOMINO’S PIZZAブランド、韓国レストランKYOCHONブランド、
ベーカリーのMAGNOLIA BAKERYブランドを展開しています。

エボリューション・キャピタル(E)の2014年度の業績は売上で
5億1600万バーツ、純利益ではマイナス2億5100万バーツでした。
同社はフード、ホテル関連事業へ投資する企業で、
2012年度にFico Foodsを購入しています。
他にはDomino’s Pizzaなどの独占フランチャイズ権を
保有しています。
旧社名はSiam2You Public Company Limitedでした。

景気は不透明ながらも同社はスクンビット39地区に新しいオフィスビル
The Metropolisを開業します。
13億バーツを掛けて建設し、70%建設が完了しています。
http://www.metropolisbangkok.com/