タイの観光関連の各社の業績が発表される

タイの格安航空会社LCCのノックエアー(NOK)とバジェットエアーの
バンコクエアウェイズ(BA)では第2四半期までの業績を発表しています。

LCC大手のノックエアーNok Air(NOK)では第2四半期では純損失が減り、
5130万バーツでした。
上半期の売上では70億30万バーツ、
純利益ではマイナスの1億4800万バーツでした。

バジェットエアーのバンコクエアウェイズBangkok Airways(BA)では
純利益1億200万バーツで、上半期の売上では125億1650万バーツ、
純利益11億6100万バーツになっています。

タイ国営のエアポートオブタイランドは第2四半期の純利益は前年同期比
64%増で15億バーツでした。
上半期の売上では344億9000万バーツ、純利益では128億7800万バーツ。

バンコク都内エラワン廟爆発事件前の業績で、6つの空港からの
観光旅行者数の増加の恩恵を得ています。

タイ国最大LCC企業のタイエアアジア(AAV)の15年度上半期は
売上で150億0600万バーツ、純利益では7億1200万バーツでした。