ラオスのコカ・コーラ事業を営むラオ・コカ・コーラボトリングが始動

ラオスのコカ・コーラ事業を営むLao Coca-Cola Bottling Co社は
タイの南部コカ・コーラ事業のThaiNamthip社とラオス資本
PT Sole Co,ラオスでのコカコーラ社を開始すると発表しました。
生産工場はSaithani地区、ビエンチャン県です。
コーラ飲料Coca-Cola, Fanta, Spriteなどのブランドを
展開していきます。

タイではコカ・コーラ事業を3社Coca-Cola (Thailand)社中心に
2つのローカル企業が展開していて、ThaiNamthip Limited と
Haad Thip Public Company Limited(HTC)で展開しています。
ハードティップ社はタイ南部14県を担当。
その他のすべての地域をタイ・ナムティップ社が担当しています。

ハードティップ社の2014年度の通年の業績は売上では52億6500万バーツ
で、純利益では1億1520万バーツでした。

タイではコカ・コーラ事業を1949年から開始。
10,000名のスタッフ、7つのボトリング工場。
80以上の物流施設を展開しています。
そこから38.5万か所のカスタマーアウトレットの場所を展開していると
しています。