シンガポールのフレイザーホスピタリティはグローバルにホテルビジネスを展開

シンガポールのフレイザーホスピタリティFrasers Hospitalityは
グローバルにホテルビジネスを展開するとしています。
アジア、ヨーロッパでの強いホテルニーズに対応するべく、
フルサービスレジデンス、ホテルサービスの拡大を目指します。

同社hサービスアパートメント、ホテル事業をビジネス向け、
レジャー向け双方に行っていて、短期から長期まで幅広く展開しています。
旧社名はFraser Serviced Residences Pte Ltdで1998年度に
設立されています。
ブランドは4種類あり、Frasers Centrepoint Homes,
Frasers Property, Frasers Centrepoint Commercial,
Frasers Hospitalityがあります。

フレイザーグループとしてシンガポール証券取引所(SGX)に上場しているのは、
Frasers Hospitality Trust(FHT)で、ホテル・サービスアパートメントの
不動産投資信託で6のホテル不動産、6つのサービスアパートメントを証券化
合計1,928ホテル室数を842のサービス戸数を展開しています。
開発している国はシンガポール、オーストラリア、英国、日本、
マレーシアです。

Frasers Centerpoint Ltd (FCL)フレイザー センターポイント
住居商業不動産開発 売上 27億3400万Sドル、純利益 5億Sドルでした。
同社はオフィス、複合商業ビルを展開していて合計1万8700室、
戸数のサービスアパートメント・ホテルを展開しています。
世界の50都市に展開中でアジア、オーストラリア、ヨーロッパ、中東などです。
旧社名はCentrepoint Properties Ltdで2006年度に社名の変更をしています。
同社はTCC Assets Limitedの子会社となります。