シンガポールでの大気汚染に関して

シンガポールでは大気汚染レベルが”very unhealthy”レベルまで
悪化していて、インドネシア国内からのヘイズ(焼き畑農業からの煙)
によって最悪レベルの環境汚染になっています。
シンガポール国家環境委員会から汚染レベルの報告がされています。

同国では3時間おきに大気汚染レベルを報告していますが、同国時間5PMで
222ポイントで、4PMの190ポイントから大きく上昇しました。
シンガポールの大気汚染のほとんどがインドネシアからの南からの風で
到達してきています。

2015年度9月に入り、シンガポールの大気汚染の状態がPSIという指標で
300以上になり、Hazardous危険と言われる水準に達しました。
大気汚染指数(PSI)が9月25日最高値を記録し、危険(Hazardous)とされる
341ポイント(3時間平均値)となりました。
これは13年6月に記録された観測史上最高値401ポイントに次ぐ数値でした。

※羽田空港から到着時の東京の空気を見ていたところ、
上空は爽やかな空気の色でしたが、下に降りるに連れて茶色の空気でした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。