タイの高級不動産開発大手ランド&ハウスではパタヤ、プーケットへターミナル21を開発

タイの高級不動産開発大手ランド&ハウスLand and Houses(LH)が
140億バーツを掛けて、パタヤ地区とプーケット地区でターミナル21
ショッピングセンターの開発を進める計画を明らかにしています。

バンコクではアソーク地区中心部に開発を行い、
大量の集客をしている商業施設となっています。

建設と開発費用でそれぞれ70億バーツを掛けると見ていて、
バンコクでの当初の建設費用30億バーツ掛けましたがそれ以上の
投資を掛けて大型の商業施設を開発します。

今回の新開発計画は6年間期間で200億バーツを掛けて大型投資をする
計画に含まれています。
タイ東北部で開発するTerminal 21コラートKoratは別のプロジェクト
として2016年に開発予定です。
同社では高級住宅開発以外に英国での投資事業も進めています。

2014年度の業績は売上で285億7200万バーツ、
純利益では84億2300万バーツでした。