タイのバンコクメトロ、バンコクエキスプレスウェイの合併の新会社名

高速道路の運営のバンコクエキスプレスウェイBangkok Expressway
(BECL)系列で地下鉄運営のバンコクメトロBangkok Metro(BMCL)の
新会社名はバンコクエキスプレスウェイBangkok Expressway and 
Metro(BEM)となると発表しています。

法的なプロセスを経て次年度の早期にはタイ証券取引所(SET)での
取引も開始する計画です。
両社の親会社はチョーガンチャーンCH Karnchang(CK)で、
高速道路と地下鉄の2社の合併手続きを進めていました。

10月内には政府の許認可が取れると予想していて、その次にタイ証券取引所
(SET)へ再度上場を予定するとしています。

新会社のBEMの総資産はおよそ747億バーツになるとしています。
561億バーツの資産がバンコクエキスプレスウェイ、
186億バーツの資産がバンコクメトロになります。

バンコクメトロ社では今後ピンクライン、イエローライン、
パープルラインなどでの運営受注を目指す計画です。