タイの清涼飲料水マーケット市場に関して

タイ国内のコーラ市場大手のコカコーラタイランドCoca-Cola
(Thailand)が2億バーツを掛けて、新しいキャンペーン
“Share a Coke, Share a Feeling”を進めます。
インスタグラムなどを組み合わせて39通りのエモーショナル
アイコンを設定。
ネット上でのシェア、認知度向上を目指します。

フェイスブック、インスタグラム、ツイッター、ラインでも
展開します。
2014年度のタイ国内の清涼飲料水・炭酸水の市場は473億バーツに
なるとしています。

タイではコカ・コーラ事業を3社Coca-Cola(Thailand)社中心に、
2つのローカル企業が展開していてThaiNamthip Limited と
Haad Thip Public Company Limited(HTC)で展開しています。
ハードティップ社はタイ南部14県を担当。
その他のすべての地域をタイ・ナムティップ社が担当しています。
ハードティップ社の2014年度の通年の業績は売上で
52億6500万バーツ、純利益は1億1520万バーツでした。

タイではコカ・コーラ事業を1949年から開始。
10,000名のスタッフ、7つのボトリング工場。
80以上の物流施設を展開しています。
そこから38.5万か所のカスタマーアウトレットの場所を展開している
としています。