タイの宝石大手プランダ・グループ、障害者雇用で表彰される

タイの宝石大手プランダ・グループPranda Group(PRANDA)が
障害者雇用を進めている企業に選定される”Disability Matters 
2015:Asia-Pacific - Workforce Category”として
選定されています。

同社は障害者雇用として積極的に雇用促進を進めています。
2015年時点で37名の障害者を雇用し、一般従業員60:障害者1の比率で
タイの障碍者雇用促進法に基づく100:1の割合を上回る雇用を
おこなっています。

サポートユニット、生産ユニットでの雇用を進めて給与、
手当の水準も同じであるとしています。
社員教育、外部講師を招いての教育なども同様に進めています。
タイ国内にある教育機関などとの提携もあり、
Khanchanapisek Royal Goldsmith College
Ratchasuda College, 難聴者向けの学校などへも支援・協力を
しています。

同社は2014年度の業績は売上で35億2900万バーツ、
純利益では1億4500万バーツでした。

2015年度上半期の業績は売上で12億7200万バーツ、
純利益では-5098万バーツでした。