東南アジアでの買収案件増加する可能性

日本や中国企業がASEAN域内の企業への買収の関心を高めています。
各国ともに潜在性ある、成長の幅がある企業が多いとしています。
大手会計事務所のデロイトなどもASEAN域内の会計のエキスパート要員を
増やしています。
ASEAN域内では6億2000万人の人口、消費者人口があり、
消費者をつかんでいる大手企業を購入したい考えです。

IMFでは同域内の市場は世界で4番目になるまで成長すると予測。
2020年度までに2.5兆ドルから4.3兆ドルまで伸びるとしています。
毎年平均で5%ずつ成長すると見られています。

日本企業が消費者系を狙う一方で、中国系企業はエネルギー、
食品などへ関心を向けています。

デロイトグローバルでは売上352億ドル、前年比7.6%増でした。
東南アジア部門では4億ドル、タイ部門は4200万ドルでした。
今後東南アジア10か国全ての国でのサービス展開を目指します。

代替エネルギー、新規上場案件なども増やすとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。