タイの不動産大手プロパティーパーフェクトは下方修正を発表

タイの不動産大手プロパティーパーフェクト(PF)が2015年度売上予測の
下方修正を行っています。
同社のプレセールス額で140億バーツ、売上額は125億バーツとしています。
当初は150億バーツを目指していましたが、1月~9月期の結果を受けて
売上予測を下げています。

CBDO(Chief business development officer)の
Wongsakorn Prasitvipat氏は、記者会見でマーケティングキャンペーン、
新デザインの一戸建てを発表した場所で説明しました。
タイ政府の発表した不動産景気の刺激策は2016年4月末までの予定と
なっていて、不動産市場には恩恵を与える見通しです。

2015年度の1月~6月業績は売上で売上で55億4400万バーツ、
純利益では5億2000万バーツでした。
同社は9月時点でおよそ67億バーツの受注高を持っていて、
35億バーツ以上は16年、17年度に回されます。

同社では、タイ政府の不動産景気刺激策に合わせて同社物件を購入された
顧客向けに購入時から30か月間の年率+3%金利の特別金利キャンペーンを
実施します。
サイアムパラゴンの特設会場でコンドミニアムの販売ブースも設けます。