インドネシアのタバコ企業大手のHMサンポエルナは15億ドル規模の増資を検討

インドネシアのタバコ企業大手のHMサンポエルナHM Sampoerna
(HMSP)が15億ドル規模の増資を検討しています。
同社は2年前に4900名の従業員スタッフのリストラを実施していました。
HM SampoernaのCEOであるPaul Norman Janelle氏は2億6900万株の
新株を発行し、海外投資家を募るための説明会を世界で行うとしています。

調達した資金で運転資金と共に原材料に利用する計画です。
15年時点で、同社は2万9800名の正規従業員と4万8000名の非正規従業員を
抱えています。

同社は1913年度に創業し、インドネシア国内で有数のタバコメーカーに
成長しました。
タバコ生産、包装、倉庫事業、不動産開発、ゴルフ場運営なども
手掛けます。
スラバヤが本社で、フィリップモリスが親会社となります。

2014年度の業績は売上で45兆9788億ルピア、
純利益は10兆1810億ルピアでした。

2005年3月にアメリカのタバコ事業会社フィリップ・モリスが
HMサンポエルナ社の株式40%をTOB。その後全株取得を実施しています。
2005年の大きなニュースとなり、「フィリップ・モリスが東南アジアで
最大級の買収 5400億円投入」と騒がれました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。