マレーシアの建設不動産大手サンウェイ・コンストラクション、プトラジャヤで開発

マレーシアの建設不動産大手サンウェイ・コンストラクション
Sunway Construction(SUNCON)がプトラジャヤプロジェクトで
16億リンギの開発を開始します。
34エーカーの不動産にオフィスタワーを建設し、複合施設を
建設します。
完工まで2年10か月掛かるとし、全て完成するまでに43億リンギを
掛ける計画です。

同社はサンウェイ・グループの建設部門で総合デザイン、
建設ソリューション、インフラ、エンジニアリング、
IBS(industrialized building systems)、地下工事、陸運まで
幅広く展開しています。
高速道路、大量輸送機関Bus rapid transit(BTS),Mass rapid transit
(MRT)双方の建設も手掛けます。

Mass Rapid Transit Package V4, ライトレールトランジット(LRT)
Kelana Jaya延長ライン、アフィニティ・アーバンウェルネスセンター
(イスカンダル・ジョホール)、KLCCノースイースト駐車場開発などの
建設も請け負います。

2014年度の業績は売上で18億8000万リンギ、純利益は1億2400万リンギ
となっています。
同社は2015年度の7月にマレーシア証券取引所(BURSA)にIPOを実施。
5億5000万リンギの調達を行っています。