インドネシアの不動産開発シナルマスランドはスマートグリーンシティを推進

インドネシアの大手財閥シナルマスグループの不動産開発企業
シナルマス・ランドSinar Mas Land(SML)がスマートグリーン
シティプロジェクトを進め、環境にやさしい、持続可能な開発を
進めます。

シナルマスランド社(SML)はシンガポール証券取引所(SGX)に
上場しています。
同社は1994年設立でインドネシアを中心に中国、マレーシア、
シンガポール、英国で不動産開発、不動産投資、都市開発、商業施設、
工業団地、ホテル・リゾート、ゴルフ場開発を展開しています。

その他に高速道路運営、貿易などを展開。
旧社名はAFP Properties Limitedでシナルマスランドへは2011年度に
変更しています。
親会社はFlambo International Limitedになります。

シナルマスランドSinarmas(A26)Sinarmas Landの2014年度の業績は
売上で8億2800万Sドル、純利益は2億4000万Sドルでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。