マレーシアの不動産開発大手マーシン・グループはメルディアンホテルを開発

マレーシアの不動産開発大手マーシン・グループMah Sing Group
(MAHSING)が開発中のメルディアン・ホテルスイーツ
Ramada Encore Meridinを2018年度に開業すると発表しています。

同社のCEOであるNg Chai Yong氏は332戸室の家具付きアパートメント
としてMeridin@Mediniプロジェクトの一部としてRamada Encore Meridin
を建設・開発します。

同社はラマダブランドを使用するためWyndham Hotel Asia Pacific社と
合意しています。
複合開発地区Meridin@Mediniとして同社は3.3ヘクタールの土地を
14億リンギ規模で開発しています。

マーシン・グループ(MAHSING)はマレーシア証券取引所(BURSA)上場の
大手不動産開発企業で2014年度の業績は売上で29億400万リンギ、
純利益は3億3900万リンギでした。

同社はクアラルンプールが本部で商業施設開発、高層住宅開発、
工業団地開発、プラスチック製品製造なども手掛けています。
インドネシアで展開しています。