タイのロビンソンデパートメントストアはSEZへの出店を目指す

ロビンソンデパートメントストアRobinson Department Store
(ROBINS)社はセントラルグループ傘下の大型デパート企業です。

同社では経済特別区Special economic zones(SEZs)での出店計画を
発表しました。
タイ政府の推し進める地方と国境開発に合わせてデパートの出店を
目指します。
2014年度同社はライフスタイルセンターとしてラオス国境の
ムクダハン地区に出店。
2015年度は12月に同じく新しいライフスタイルセンターとして
ターク県メーソットに開業予定です。

ロビンソンデパートでは4つの分類で事業を展開。
デパートメントストア事業、ライフスタイルセンター事業、
海外ブランド事業、ベトナム事業としています。

タイ国内では42の店舗を展開していて、ベトナム国内では2店舗を
展開しています。
15のライフスタイルセンターもあり、そのうち2つがノンタブリー県、
ターク県で開業します。

2015年度の上半期の業績は売上で137億9700万バーツで、
純利益では10億5400万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。