マレーシアの病院最大手IHHヘルスケアの展開と業績

マレーシアの病院最大手IHHヘルスケア(IHH)ではじわじわと株価が
上昇しています。
5.40リンギ~6.00リンギを移動した後6.56リンギまで上昇しています。
今後、インド・中国などの経済成長が伸びる国でのM&Aを
実施していきます。

IHHヘルスケア社は中国でのパートナーShanghai Broad Ocean Investments
Co Ltdと350床の病院向け、48,000平米のスペースのリース契約を
果たしています。
2017年度までに病院名をパークウェイ・ヘルスケア・チェンドュ病院
ParkwayHealth Chengdu Hospitalへ変更。
IHH社グループのParkway Pantai Ltd社で運営します。

また、同社は2015年度上半期時点で25億リンギ以上のキャッシュを
保有していて、上半期の業績では売上で41億リンギ、
純利益では4億6100万リンギでした。

同社との競合プレイヤーはタイの最大手の病院グループである
バンコク・ドゥシットメディカルサービスBangkok Dusit Medical
Services(BDMS)、インドの病院グループ大手のアポロ・ホスピタル
エンタープライズApollo Hospitals Enterprise Ltdや、
中国・香港資本であるフェニックス・ヘルスケア
Phoenix Healthcare Group Co Ltd.などを挙げています。