マレーシアの大手金融機関のRHBバンキンググループ行員の人員削減

マレーシアの大手金融機関のRHBバンキンググループRHB Banking Group
(RHB)は行員向けに早期退職制度を紹介し、1812名の行員のリストラを
行います。
およそ3億900万リンギのコスト削減を目指します。
同行はマレーシア国内の資産規模第4位で、今回のリストラでは全行員の
およそ13%を削減するとしています。
RHB銀行は9月当初、全従業員1万8000人の15%にあたる2700人の希望退職を
募集していました。

また、15年度マレーシア国内の金融機関は立て続けに従業員削減を
目指しています。
第2位のCIMB銀行グループCIMB Group Holdings(CIMB)では
3,599名の行員、およそ1.1%の行員削減を行います。

マレーシア証券取引所(BURSA)に上場しているRHB Capital Berhad(RHBC)は
2014年度の業績は総資産で2193億リンギ、
純利益では20億6300万リンギでした。