シンガポールの2位の商業施設開発大手不動産会社のシティ・デベロップメント、Stag Brewery Land siteを1億5800万ポンドで購入

シンガポールの2位の商業施設開発大手不動産会社の
シティ・デベロップメントCity Developments Limited(CDL)が
英国南西にあるStag Brewery Land siteを1億5800万ポンドで
購入しています。
同社子会社のReselton Properties Limitedを通じて取得します。

同社はシンガポール、マレーシアなどで展開するホンリョン・グループの
商業不動産部門であり、ホンリョングループの投資・事業信託会社、
CDLホスピタリティー・トラスト(CDLHT)、
商業不動産開発City Development(CDL)などが同社グループ不動産部門に
なります。

2015年9月より同社は積極的に欧州での不動産を購入開始していて、
英ケンブリッジ中心街にある高級ホテルのケンブリッジ・シティ・ホテルを
6,150万ポンドで買収。
10月には英国リバプールのホテルを1380万ポンドで買収。

14年度12月は東京のビジネスホテル「ホテルマイステイズ浅草橋」と
「ホテルマイステイズ蒲田」を購入しています。

同社は1963年設立。
不動産開発、不動産投資をメインにホテル、商業施設、オフィス、工業団地、
小売事業などを含めて110のホテルを18カ国で展開。
また、400以上の子会社、関連会社を保有し、25カ国88の不動産をアジア、
ヨーロッパ、中東、北アメリカなどで展開しています。

親会社はホンリョン・グループ・シンガポール社になり、
ロンドン証券取引所上場のMillennium & Copthorne Hotels(M&C)を
保有し、中国でもCDL China Limitedを展開しています。