タイ政府が改訂を予定している車両実行税に関して

タイ政府が改訂を予定している車両実行税に関して、
タイの政府では2016年度はおよそ70億~80億バーツの
税収入が期待できるとしています。
今後はエンジンのエンジンサイズではなく排気ガスの量で
決定していきます。
2016年度はおよそ80万台の販売台数が予定されています。
15年度末までの予測は75万台としています。

タイ国内の環境、健康に配慮した政策に切り替える必要が
あり、2016年度1月より200gのCO2/Kmあたりで計算した場合、
車両価格の35~40%、エコカータイプの自動車の場合は
車両価格の14%として課税されます。

これまでの一般車タイプで25~30%の課税額が35~40%まで
増加する見込みで、1,500ccエンジンの場合は85,000バーツ。
1,800ccエンジンの場合は95,000-Bt110,000バーツまで
増加します。

税金が上昇することが予想されていることで、タイランドモーター
エキスポでの駆け込み需要も期待されています。
また今後、電気自動車EVに関しては税率の低減によりエネルギー省、
工業省などが連携して普及を推し進めていくとしています。