エーコマースがスイスのDKSH社と提携を発表

ASEANでEコマース事業・物流事業を展開するエーコマース
aCommerceが物流大手のDKSHグループと提携を発表しています。
DKSH社側がaCommerce社の株式の20%を取得します。

DKSHの顧客へのアプローチ、インフラ利用などを可能にし、
東南アジアでの展開を加速させます。
今後シンガポール、マレーシア、ベトナムなど、同社が
まだ深く進出していない地域へのアクセスも可能にします。

aCommerce社は2013年度に設立された企業でIT開発、物流、
Eコマースなどを手掛けています。
消費財、化粧品などのオンライン販売プラットフォームを構築。
ラストマイルのデリバリーまで手掛けています。
また、SKYBOXと呼ばれるミニ配送センターも構築し、BTS駅構内で
6カ所での配送をしています。

現在はタイ国内、インドネシア、フィリピンで展開中で、今後ASEAN域内
での展開を進めていくとしています。