ベトナムの大手証券会社のサイゴン証券の概要

サイゴン証券Saigon Security(SSI)は証券・商品先物取引業
大手です。
証券仲介業務、投資銀行業務、アセットマネジメント業務などを
行っています。
ベトナムの国内最大の証券会社で、ANZ銀行と大和証券が
戦略パートナーとして出資しています。

ベトナムでは外資の出資比率は一律上限49%に制限されていましたが、
2015年9月に外国株主による出資上限を撤廃しました。

2007年度にホーチミン証券取引所(HOSE)に上場をしています。
証券仲介、証券投資、上場企業へのサポートなどを行います。

2014年度の業績は売上で1兆5650億ドン、
純利益では7450億ドンとなっています。

2015年9月に同社は外国株主による出資上限を撤廃しています。
これまではベトナムでは外資の出資比率は一律上限が49%に
制限されていました。

外資比率が49%の上限に達している上場企業には
食品大手のベトナム・デイリー・プロダクツ(ビナミルクVNM)、
通信・IT系のFPTグループ(FTP)、ベトナムサン(ビナサンタクシーVNS)
などになります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。