タイの緑茶大手、イチタン・グループが高めの売上目標設定掲げる

By: JDCC BY 2.0

タイの緑茶大手イチタン・グループIchitan Group(ICHI)は
2016年度の成長率を+17%、売上目標75億バーツを目指します。
新製品開発、パッケージングをマーケティングコミュニケーションズと
開発を進めます。

15年度末の業績は売上で前年比-2.5%減の155億バーツでした。
消費量はわずかに+0.7%増でしたが、売上は減少しています。

同社のCEOであるTan Passakornnatee氏は16年度の緑茶市場は
タイ政府の景気刺激策などで+10%増になると予測しています。
16年度はシュガーフリー部門の強化を図り、健康志向のタイ人へ
プロモーションを掛けます。

ウーロン茶、ハーバルティー、果汁ジュースなど新商品を開発していく
計画で、果汁ジュースではBireley’sブランドでタイ投入を開始します。
ライバル他社は大手ティプコ(TIPCO),マリー(MALEE)となります。

同社はイチタン・インドネシアIchitan Indonesiaを設立しており、
インドネシア国内へさらに2~3種類を投入します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。