タイの鉄道、パープルラインにおけるタオプーン~バンスー周辺エリアについて

2016年以降に完成予定のパープルラインに沿って開発される
不動産地区はノンタブリ県を中心に不動産価格、コンドミニアム価格が
非常に上昇する見通しです。

同地区はバンコク北部地区へ川を越えた地区から直接的な
アクセスが可能。
北西部からの大量の通勤者が利用する可能性が高く、
その後長期的にはミャンマーへつながる大型道路、
開発拠点になることが期待されています。

特にセントラルグループが開発した”Central West Gate”
セントラルウェストゲートは大規模複合商業施設が既に開業済み。
今後IKEAと協業しているサイアムフューチャーベデロップメント社の
大型複合商業施設も計画。
バンコクの西側ゾーンの地理的・経済的なハブとなることが
期待されています。