タイのラチャダーラップラオ通り地区について

ラチャダー通りは地下鉄ブルーラインが走り、将来の新しい
ビジネス中心地であるだけでなく、既存の観光スポット、
ナイトライフ、エンターテイメント施設にに加えて開発エリアが
多く残っている地区でもあります。

2015年よりAIAタワーが完成、タイ証券取引所(SET)の新しい
拠点となっています。
将来的にラマ9世通り地区にはSuper Tower(125階建て超高層ビル)
の建設計画もあり、新規のビジネス中心街、オフィスビル、複合商業施設、
ホテルなども建設予定です。

今後はイエローラインの開通、オレンジラインの開通などで住居人口増加
が予想され、現在1平方あたりの金額は10万バーツ前後からさらに上昇する
と見られています。