タイのIT部品販売、PC修理、情報通信システム大手シネックスは海外とオンラインマーケット市場を目指す

IT部品販売、PC修理、情報通信システム大手シネックスSynnex
(Thailand)(SYNEX)がインドシナ半島エリアでのさらなる拡大を
目指し、2016年230億バーツの売上を目指します。
CEOであるSutida Mongkolsuthree氏は、同社では2016年度に
タイ国内、国外市場それぞれでBtoBのビジネス領域のオンライン
マーケット市場へ注力する計画を発表しています。

また、同様にゲーム市場なども成長性のある市場になると
期待しています。
同社はミャンマーで2014年度より支店を設立、ローカルパートナーと
カンボジアでの設立も目指します。

ブランド力強化を目指し、Trusted by Synnexとして
マスコットキャラクター起用やマーケティングを進めます。
同社は11のサービスセンター、63のサービスパートナー、
5000店舗以上のディーラーがあります。
2014年度の業績は売上191億6700万バーツ、
純利益1億8100万バーツでした。

ネットワーク設備、サーバー製品などのビジネス事業者向けサービス
で30%の売上、70%がPC販売、スマートフォン販売などの
消費者向けになっています。