タイの国営企業へ業務改善指令、途中経過について

タイの国営企業で業績改善、組織改革を求められている各社の
方針として政府側要求では以下のように設定されています。

タイ通信公社(CAT)
各事業の分離は進んでいるものの、タイ電話公社TOTとの共同事業、
コスト削減が不十分である。

タイ電話公社(TOT)
事業コストの削減で170万バーツ以上のコスト削減に成功している
ものの、通信事業、通信塔などの係争案件が続いている。

タイ大量輸送交通公社(Bangkok Mass Transit Authority:BMTA)
古いバスの放出・入れ替え、代わりにNGVガス自動車489台の導入や
バスの刷新が遅れている。

タイ国鉄State Railway of Thailand(SRT)
複線化事業の推進は動き始めたものの、エアポートリンク事業の
民営参入推進はできず。
不良債権の解消も進まず。

タイ中小企業銀行(SME Bank)
個人、零細オーナー向けの融資実行は順調。不良債権処理が進まず。

タイ国際航空 (Thai Airway:THAI)
営業コスト、出費関連の削減を実施。航空券販売、売上増に関しては
まだ弱い。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。