マレーシアのペトロナス傘下の海運ミスク社、2015年度の業績を発表

マレーシアのペトロナス傘下、海運ミスクMISC Bhd(MISC)が
2015年度の業績を発表しています。
第4四半期では純利益-22%減で7億5272億リンギでした。
金融コスト増、資産売却損の計上が出ています。
売上は33億1000万リンギと増収業績で、LNG液化天然ガス事業などの
収益が貢献しました。
海運部門の売上は20億リンギ、エネルギー事業で10億リンギでした。
2015年度通年の業績では純利益24億7000万リンギ、
売上109億リンギと増収増益になっています。

同社は海運、船舶の大手企業で大きく3つの事業部門
(エネルギー関連運搬・海運、エネルギー事業、非海運事業)に
分かれています。
海洋オフショアの船舶、船舶修理、エンジニアリング建設事業、
海運教育・トレーニング、タンク・ターミナル事業を展開しています。

国営石油会社ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)が主要株主で
62%を所有し、その他にはEMPLOYEES PROVIDENT FUND(EPF)が6%を
保有しています。