タイの複合財閥、TCCグループがタイのBIGCを買収予定

タイの複合財閥TCCグループがタイのBIGCを
買収予定であると報道されています。
総取引額は1220億バーツの取引となります。
TCCグループはビール会社財閥オーナー、
チャロン・シリワタナパクディー氏が率いる
複合財閥でビール、不動産、小売り、卸売り、
食品まで多岐に渡ります。
購入後はタイの小売り最大手、BIGCスーパーセンター
(BIGC)社の株式58%を取得します。

過去の大型小売商業チェーンのM&A案件では、
仏カルフール・タイ法人がBIGCスーパーセンターに買収され、
オランダ系サイアムマクロ(MAKRO)もCPオール(CPALL)社に
買収されたことなどがありました。

今回の買収の裏側ではセントラルグループの買収提案、
CPグループの買収提案もあったとされていて、
TCCグループがもっとも高い金額提示を行ったとされています。
その後、カジノグループの子会社Geant International BV社が
TCCグループとの買収提案合意に同意したと発表されました。

BIGCスーパーセンター(BIGC)はタイ国内ハイパーマーケット
大手企業で、
大型ハイパーマーケット 125店舗
(Big C Supercenter, Extra Jumboブランド)
中型スーパーマーケット 55店舗(Big C Marketsブランド)
小型コンビニ      394店舗(Mini Big Csブランド+
146店舗の薬局Pure Drugstore)を展開しています。

テスコロータス社も本国の英国で売却可能性のニュースが
出ていて、今後TCCグループ、セントラルグループ、
CPグループでのタイ国内小売業の競争激化が予想されています。