アジア開発銀行と国際金融基金がオレドーミャンマーへ融資

アジア開発銀行Asia Development Bank(ADB)と
国際金融International Finance  Corporation(IFC)が
およそ3億ドルをミャンマーの携帯通信を展開する
オレドー・ミャンマーOoredoo Myanmar社へ融資します。
同社の通信インフラ拡大のための資金とし、雇用創出、
インフラ整備、サービス拡大のため決定しました。
同社では今後3G通信の携帯電話回線を拡大予定です。

ミャンマーは経済開放前はASEANでもっとも貧しい国でしたが、
急速に携帯電話市場が普及しています。
今回の融資はADBでも民間企業向け融資で最大規模のもので、
2015年度末時点で同国の携帯電話普及率は60%程度に
なっています。
ミャンマー政府は2021年度までに100%の普及率を目指します。

オレドーミャンマー社は15年時点で3大キャリアの一つであり、
今後第4社の入札も行われる予定です。
携帯電話とアプリの普及で金融、農業、健康など、
様々なセクターでの利用を推進できるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。