タイ証券取引所、二部市場(MAI)について

タイ国証券取引市場の構成は一部市場が「SET」と呼ばれ、
二部市場が「MAI」と呼ばれる2つの証券市場に分かれています。

2015年の年末時点でタイ国証券取引所 SETの上場企業数は517社、
MAIの上場企業数は122社です。
年度末の時価総額は、SET12兆2827億バーツ(40.5兆円規模)、
MAI3234億バーツ(1兆円規模)。
2015年度末のSET総合指数は1288.02ポイントで終了。
前年比マイナス209.65ポイント下落し、―13.9%下落しています。

MAI市場の総合指数は2014年度700.05ポイントであったのが
522.62ポイントまで下落。
前年比―177.43ポイントの下落、マイナス25.3%下落しています。
2015年度は新規に13社が上場しました。
同市場は2004年に発足、上場基準は緩やかで中小企業中心に122社
(2015年度末)が上場しています。

同市場には 農業(AGRO)、消費財(CONSUMP)、金融(FINCIAL)工業(INDUS)、
不動産・建設(PROPCON)、資源(RESOURC)、サービス(SERVICE)、
IT技術(TECH)と分類されています。
特徴ある企業としては
デンタルクリニック、フェリー、太陽光発電、レストランなどが
上場しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。