タイの外食、ホテルチェーン大手、マイナーフーズ社は外食産業を拡大

タイ証券取引所(SET)上場の外食チェーン、ホテルチェーン大手、
マイナー・インターナショナル(MINT)の外食部門である
Minor Food Groupでは、5か年計画を発表。
200店舗以上のタイ・レストラン”Thai Express”や
その他フランチャイズ店舗を拡大します。
また、MSC Thai Culinaryスクールを通じて優秀なコック、
シェフを養成します。

“Thai Express”は象のマークを看板にあしらったタイ料理チェーンで、
中国、タイ国内、モルディブ、マレーシア、シンガポール、ベトナムなどで
51店舗展開しています。

イギリスでは”Grab Thai”ブランドでS&Pシンジケート(SNP)社と
合弁展開しています。
今後同社では海外へ送りだすシェフがカギになると判断していて、
S&Pシンジケート社と共同でアカデミー設立をしています。

マイナー・インターナショナル社の2015年度の1月~9月期業績は
売上332億6500万バーツ、純利益36億2100万バーツでした。

S&Pシンジケート(SNP)社の2015年度の1月~9月期の業績は
売上55億8900万バーツ、純利益4億3900万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。