タイ最大のエネルギー企業、タイ国営石油では2015年度の業績を発表

タイの最大エネルギー企業のタイ国営石油(PTT)では2015年度の業績を
発表しています。
売上2兆269億バーツ、純利益307億1900万バーツでした。
年全体で売上は前年比マイナス22%、純利益は前年比マイナス66%
下落しています。
背景には石炭事業での減損による計上があったとしています。

2016年度は上流・開発部門のPTT石油開発(PTTEP)の新規投資額を
減らす計画です。
原油価格の大幅な下落によって投資額を抑えるとしています。

PTT社の株価は14年度末は9254億バーツと2.7兆円近くありましたが、
15年度末時点で6969億バーツと2兆907億円と大きく下落しました。

同社はタイの国営石油・ガス会社で、天然ガスと原油の探査、開発生産、
輸送、販売を手掛けています。
子会社では石油精製、輸送、小売などを手掛けます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。