タイの一般的な世帯所得の水準に関して

2015年タイ統計局が1~6月にタイ国内の約2万6000世帯で実施した
調査で、一世帯当たりの平均収入は月2万7545バーツ
(2006年1万7787バーツ)
平均支出は月2万1818バーツ(2006年1万4311バーツ)と
発表されています。
バンコクと首都圏3県(ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン)
では最も高い水準で収入4万4719バーツ、支出3万3199バーツと
なっています。

2015年度の一般的な給与水準に関して
1 大学の新卒レベル      12,000~15,000バ-ツ
2 有名大学・日本語スキル人材 20,000~35,000バーツ
3 マネージャークラス     25,000~35,000バーツ
4 ダイレクタークラス     60,000~80,000バーツ
5 一日の最低日給       300バーツ/日 となっています。

この数字は全国平均であるため、バンコク中心部に限って言えば
既に5万バーツ(17万円)を超えていると予想されます。
このままのペースで収入が増え続ければ2025年にはバンコクの世帯収入は
8万バーツを超えていく可能性もあるとされています。