タイの石炭採掘、発電のバンプーが最新の5か年計画を発表

タイ証券取引所(SET)上場の石炭採掘、発電のバンプー(BANPU)が
最新5か年計画を発表しています。
同社では積極的に自然・リサイクル発電事業へ投資し、石炭事業の
低迷をカバーする計画です。

石炭事業は継続するものの、2025年度までにおよそ4,300メガワット
規模まで発電能力を高め、そのうち20%をリサイクル発電にする計画です。
既に日本でも太陽光発電事業を進めていて、中国、タイ、他のアジアの国
でも拡大を進めます。

アジア各国では年率7%増ペースで電力需要が増える見通しであるため、
子会社のバンプーパワー(未上場)は2020年度までに2,394メガワット
まで発電量を増加させます。

バンプー(BANPU)社の2015年度の業績は売上で881億6800万バーツで、
純利益ではマイナス15億3400万バーツと赤字でした。
減収減益となっています。

2015年度は4120万トンを販売する石炭事業が売上の92%、
発電事業が8%を占めます。
2016年度は石炭事業では4400万トンを販売目標とし、
インドネシア、オーストラリア、中国での事業拡大を進めます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。