カタール企業資本のインドネシア4携帯電話キャリア、インドサット・オレドーがグーグルと契約

インドネシアの携帯電話キャリアのカタール企業資本である
インドサット・オレドーIndosat Ooredoo(ISAT)は
アメリカのグーグルとパートナーシップ契約を交わしました。
インドサットのネットサービス契約者はグーグルからネットサービス、
ネットデバイス、ChromecastやChromebookラップトップ、
50ギガバイトのストレージサービスを受けることが出来ます。

本契約はインドネシア国内第1号でグーグルの新たなマーケティング
チャレンジだとしています。
インドサットではジャカルタ首都圏10万世帯にインターネット回線の
提供をしていて、サービス価格は35万ルピアからのパッケージ価格です。
2016年度末までにインドネシア国内都市スラバヤ、ジョグジャカルタ、
バリなど12都市で展開していきます。

インドサット社はカタールテレコムが55%を出資する携帯電話キャリアで
2014年度売上24兆850億ルピア、純利益―1兆9870億ルピアでした。