タイのエリシアン・デベロップメントがカオヤイで開発

エリシアン・デベロップメントElysian Development Coは
タイのナコンラチャシマ県、カオヤイでコンドミニアム開発すると
発表しています。
プロジェクト名”Swan Lake Residences Khao Yai”で、
総投資額30億バーツ規模、1140万バーツ販売価格開始となります。

低層のコンドミニアム59戸数、2ベッドルームタイプで90~145平米の
広さ、3ベッドルームタイプで157~167平米、4ベッドルームタイプで
247平米、ペントハウスタイプは358平米になります。

カオヤイ地区はタイの富裕層向けコンドミニアム開発が進んでおり、
カオヤイ国立公園周辺の不動産価格が上昇しています。

メイン通りのThanarat Roadから公園入り口周辺に関する不動産価格は
3年で3倍となっていて、80万バーツ/1ライであったのが350万バーツ/1ライ
まで上昇した箇所もあります。
これは避暑地・別荘の購入を希望するタイ人や外国人のニーズが高まった
ことを示しています。

英字紙ネーションの調査によれば、バンコクの大気汚染を嫌がり、投資家、
事業家などがナコンラチャシマ県の不動産・一戸建てなどを購入している
実態があるとコメントしています。

アマタナコン工業団地などを運営するアマタ・コーポレーション
(AMATA)創業者のヴィクロム・クロマディット氏は同地区の不動産を
広く所有していて、他にもシッティポン・グループSittipol Coや
CPグループの幹部クラス、Workpoint Entertainment社のオーナー、
Panya Nirankul氏も広大な不動産を所有しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。