住金物産の出資するタイのロジャナ工業団地が工業団地の増設、新設を進める

日本の住金物産が出資するロジャナ工業団地(ROJNA)は
タイ最大のレムチャバン国際貿易港に近い場所で工業団地を
造成する計画です。

ロジャナ・チョンブリ Rojana Chonburiは既に工事が
開始されていて、レムチャバン貿易港から東に30Kmの距離、
220万平米の工業団地で2016年度半ば以降に造成が完了します。

もう一つのロジャナ・レムチャバンRojana Laem Chabangも
年内から建設が開始。
180万平米の敷地で貿易港までおよそ10Kmの距離です。
2017年度より工場用地引き渡しが開始します。

両地区は今後も工業団地ニーズが引き続き高まるエリアとされていて、
50社以上の入居が考えられており、そのうち6割は日系企業となる
見通しです。
同社は既に
ロジャナ・アユタヤ工業団地、アユタヤ県
ロジャナ 工業団地 プラチンブリ プラチンブリ県
ロジャナ 工業団地 ラヨーン1(バン カーイ)ラヨーン県
ロジャナ 工業団地 ラヨーン2(プルアック デーン)ラヨーン県
の4カ所を展開中です。

ロジャナ・アユタヤ工業団地:総面積 1164万平米 
自動車、自動車部品、電気・電子関連、食料品など、218社中147社が
日系企業です。

ロジャナ・プラチンブリ工業団地:総面積 960万平米
BOIゾーン3で立ち上げた工業団地。
ホンダの第2工場が入居しています。

ロジャナ バンカーイ工業団地 ラヨーン1:総面積 480万平米

ロジャナ プルアックデーン工業団地 ラヨーン2:総面積 240万平米

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。