シラチャー地区、2016年は日本人居住者が増加

チョンブリ県シラチャー郡はタイ湾に面し、チョンブリー市と
パタヤ市の中程にあります。
人口は22万人、面積は616キロ平米です。

小さな漁村から始まり、1990年代以降はアマタナコン工業団地、
イースタンシーボード工業団地、レムチャバン工業団地、
ピントン工業団地などの周辺工業地帯における日本企業進出が続き、
パタヤよりも大規模な日本人居住街として成長しています。

域内にはサハ・グループのJ PARK(MAXVALUE、早稲田日本人学校、
ツルハなどが入居)
パシフィック・グループのROBINSONデパート、
2015年からはAEONシラチャーショッピングセンターが開業しています。

シラチャー市内はバンコクに次ぐ日本人街となり、日本人の住む
高級サービスアパートメントが増加しています。
日系ではレオパレス、東急建設がサービスアパートメントを
経営しています。
在住日本人のほとんどが周辺工業団地に勤務する駐在員で、
単身者に加えファミリー層が増加しています。
また、バンコクのように日本人会、日本人学校、幼稚園などもあります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。