敷島製パンがインドネシアで出資するニッポン・インドサリ・コーポインド、フィリピンの製パン市場へ参入

インドネシアで展開中の敷島製パンが出資するニッポン・インドサリ・
コーポインドNippon Indosari Corpindo(ROTI)が
フィリピンで合弁企業を設立しフィリピンの製パン市場へ
参入します。

同社の2014年度の業績は売上1兆8802億ルピア、
純利益1885億ルピアとなります。
主な業務内容としては製パン、菓子パン、ケーキ製造を行い、
ブランド名”Sari Roti””Sari Cake”などで展開しています。
Cikarang, Pasuruan, Semarang, Medan, Palembang,
Makassarなど10カ所で生産工場を運営しています。

フィリピンでの合弁相手は同じく食品のモンデ・ニッシン・
コーポレーションMonde Nissin Corporationで1億人以上いる
同国の中間層をターゲットとします。
合弁会社は55%、およそ687万ドルを投資し、2017年度から事業を
開始します。

インドネシアの展開と同時にフィリピンでの展開を広げ、
同社のブランド工場と消費者の獲得を目指します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。