インドネシア上場企業建材供給会社のカトゥ・セントーサ・アディプラナは自社株一部放出

インドネシア証券取引所(IDX)の小売りセクターに上場する
建材供給会社、カトゥ・セントーサ・アディプラナ
Catur Sentosa Adiprana(CSAP)では、2016年度内に自社株の
およそ40%、11億バーツ分を売却する計画です。
店舗ブランド”Mitra10″をさらにジャカルタ、バンテン、西ジャワ
などで新設し展開します。

同社は建材・資材販売小売りチェーン”Mitra 10″を23店舗展開中で、
主に消費者向けに建材、ホームプロダクツ、家電、塗料、
セラミックタイル、木材家具、化学品、消費財、食品、水回り品などを
販売しています。
今後”Mitra 10″と”Mitra 10 Express”の2つのタイプの販売店舗を
拡大していきます。

カトゥ・セントーサ・アディプラナ(CSAP)の2014年度の業績は
売上7億1430億ルピア、純利益1040億ルピアでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。